ライフスタイルを豊かにするセレクトショップ 両総屋




 

香しお 焼きしお 60g 揚げ浜塩田 塩 海水塩 天日塩 調味料 揚げ浜式製塩法 旨味 ソルト 減塩 奥能登揚げ浜塩田 石川県 奥能登 能登半島 珠洲 1ケース 24本入

価格: ¥16,848 (税込)
[ポイント還元 168ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

塩を焼き、さらさらにしました。各種焼き物におすすめです。

★揚げ浜塩田しおを焼き、さらさらにして使いやすくしました。 どんなお料理にも合います。

【海の恵みに香りと彩りをのせて】
「奥能登揚げ浜塩田」の塩は、海と太陽と砂浜と人力で作り出された希少な海水塩です。 能登の自然や文化、歴史、人々の思いが詰まった塩は、豊かな海のミネラルなどの栄養素を含み、減塩の効果もあり、 まろやかで心に響く美味しさです。
そんな揚げ浜塩に、能登で熟成された拘りの醤油や、昔ながらの手法で作られた梅紫蘇などの香りをのせた「香しお」を、能登のブランドとして皆様にお届けします。

★奥能登揚げ浜塩田 しお それは海からの贈り物。
世界農業遺産に登録された能登の海と大地、太陽の恵みと能登の人の優しさと情熱が生み出す、 自然と人の共同作業によって生まれました。

【揚げ浜式製塩法とは】
■能登では今から500年以上前に「揚げ浜式」の塩づくりがはじまりました。海水を汲み、塩田まで揚げることから「揚げ浜式」と呼ばれるこの製塩法は今もなおこの地で受け継がれています。汲み揚げた海水を、細かい砂で敷き詰めた塩田にまき、太陽の力で乾燥させ、塩分を含んだ砂を集めます。さらに海水をかけて塩分濃度の高い「かん水」を集め、それを釜で煮詰めて塩の結晶を取り出します。この 「揚げ浜式製塩法」がいにしえから連綿と続けられているのは唯一能登半島だけです。 この伝統技術は平成20年に国指定重要無形民俗文化財に登録されました。
 昔から「能登はやさしや土までも」と言われます。能登では人はもちろん、土までも優しいという意味ですが、「揚げ浜式製塩法」で作られる海水塩は、世界農業遺産に登録された能登の海と大地、太陽の恵みと能登の人の優しさと情熱が生み出す、自然と人の共同作業による貴重な結晶です。

【ピュアな海水が生み出すまろやかな食味と旨みが特徴の塩】
■「揚げ浜塩」は、珠洲沖合の暖流と寒流が交じり合う、水質が良い海水から作られています。そのピュアな海水を使った塩は、ミネラルを豊富に含み、塩分バランスに優れています。
また、海水を塩田に撒き天日で自然乾燥させることによって醸し出される、まろやかで深みのある食味と旨みが特徴の“美味しい塩”と高評価を受け、一流レストランや料亭で使用されています。
浜士と呼ばれる製塩技術者の熟練した技術がこの味と風味を生み出しています。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

■営業時間
月~金 9:00~18:00
■定休日
土日・祝日・弊社指定日
※定休日でもご注文は可能です。

ページトップへ